国際結婚をする上で男性の3つの心構えをご紹介

倉敷市の結婚相談所 国際結婚・パートナーズ

0866975931

お問合せ

倉敷市の結婚相談所 国際結婚・パートナーズ

0866975931

お問合せ

男性の心構え

国際結婚をするにあたって

国際結婚をするにあたって

もちろんですが結婚は「一生もの」です。
だれもが末永く、幸せな結婚を目指していると思います。
しかし、国際結婚は日本人とする結婚とは違って、いろいろな生活スタイルがあり、価値観の違いや文化の違いもあります。お互いが「好き」「愛している」というだけでは、上手くいかないことも出てくるかもしれません。
しかし、あなたの心の準備を十分に前もってすることで、かけがいのない時間をパートナーと過ごす、とても幸せな結婚生活を送り続ける事が出来るでしょう。

3つの心構え

固執した考えを捨てる

同じ国の方でも育ってきた環境にはそれぞれ個人差がありますので、いろんなタイプ、いろんな価値観の人がいます。ですので、ひとくくりに ”中国の方だから○○なはず” とイメージや推測をきめてかかってはいけません。
もちろん最初はイメージからのギャップに驚くこともあるかもしれません。しかし、たとえギャップを見つけても更にたくさんコミュニケーションを取り、頭を柔らかく対応するように心がけましょう。結局はお国柄ではなく、お互いの価値観が合うかどうかがポイントなのです。

自分の意見をしっかり言う

物事をはっきりと言わないのが日本人の民族性です。しかし、”相手も同じようにあなたの気持ちを察してくれる”と期待するのは間違いです。また逆に相手からはっきり言われることもあります。はっきりと言うことを思いやりが無いと考えるのも日本人独特の感覚ですので、この感覚を押しつけてしまってもダメです。
「なんで言わないと分からないの?」「そんなにハッキリ言わなくても・・・」と考える前に、外国の方は相手に物事を伝える時の感覚が、日本人とは違うのだという理解と柔軟な対応が必要です。

子育ての妥協点を探す

子供が産まれ子育てが始まると、両親が同じ日本人同士であっても考え方が違うと衝突してしまうものです。ですので、国際結婚の場合は子育てに関する考え方の違いが浮き彫りになり、口論が倍増してしまう事が多くあります。
その時に大切な事は、ひとまず冷静にお互いの意見を聞き、妥協出来る点を探すことです。夫婦がよく話し合い、お互いのやり方を尊重し合う事が重要です。

まとめ

国際結婚というのは、なんとなくかっこいいという憧れの感情のみでしてしまうと、後々、お互いに良い思いをしません。自分の中でしっかり「心構え」をしてみることが必要です。先を見据えて冷静に考え、判断をしてみて下さい。
そして、その「自分の考えたこと」について、相手の方ともよく話し合って共に幸せな未来に進んでください。

ページトップへ